車検にかかる費用を徹底解説します

自動車を所有している場合、必ず2年に一度車検(継続検査)を受けることが義務付けられています。継続検査に必要な費用は『法定費用』とそれ以外の費用にわかれます。法定費用はどのような方法で継続検査を受けても必ずかかる費用です。これには自動車重量税、検査手数料、自賠責保険料といったものがあります。この費用はディーラーや整備工場に継続検査手続きを依頼しても、自分で継続検査を受けても同額となります。法定費用以外の費用としては、ディーラーや整備工場に検査を依頼した際の手数料があります。また、継続検査を受けるために必要な整備や修理、消耗部品の交換がある場合には、その部品代や工賃も必要となります。継続検査にかかる費用はこれらの合算となりますが、これは車種によって異なってきます。

車検に必ず必要となる『法定費用』

乗用車は2年に一度の継続検査を受けなければ公道で使用することが不可能となります。継続検査を受けるための費用は大きな負担となりますが、その内容をしっかり把握しておけば無駄な金銭を支払うことがなくなります。継続検査の費用は大きくわけると『法定費用』と『法定費用以外の費用』の二種類があります。このうち、法定費用はどのような手段で継続検査を受けても必ず支払わなければならない費用となります。法定費用には『自動車重量税』、『検査手数料』、『自賠責保険料』があります。このうち、自動車重量税については車種によって金額が異なります。基本的には軽自動車が低い金額となり、排気量が大きくなるにつれて金額が大きくなっていきます。これらの法定費用は支払わなければ継続検査を受けることが出来ません。

『法定費用以外の費用』について

車検の費用として最も大事となるものが法定費用ですが、それ以外の費用も必要になる場合があります。例えば、ディーラーや整備工場などの専門業者に継続検査の受検を依頼する場合には、ディーラーや専門業者への手数料が必要となります。また、継続検査の際に整備・点検を行い、消耗部品の交換や修理が必要となった場合には、交換部品代や修理費用なども負担する必要が出てきます。これらの費用はあくまでも『負担する可能性がある費用』です。もしも自分で継続検査を受検(ユーザー車検)する場合には、ディーラーや整備工場に支払う手数料は必要ありませんので、負担する費用は法定費用のみとなります。ただし、継続検査合格のために修理または消耗部品の交換などが必要となった場合には、修理費用を負担しなければなりません。